バーン・アフター・リーディング

イメージ 1

バーン・アフター・リーディング/BURN AFTER READING(2008、アメリカ、96分)
●脚本・監督:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
●出演:ジョージ・クルーニー、フランシス・マクドーマンド、ブラッド・ピット、ジョン・マルコヴィッチ、ティルダ・スウィントン
CIAをクビになった男(ジョン・マルコヴィッチ)、その妻(ティルダ・スウィントン)、出会いサイトで不倫を重ねる財務省の連邦保安官(ジョージ・クルーニー)、CIAの内部情報を手に入れたジムの従業員の女(フランシス・マクドーナンド)、その同僚で絵に描いたような筋肉バカ(ブラッド・ピット)・・・という面々が作り出す奇妙なストーリー。
コーエン作品は基本的にサスペンスかコメディのどちらかに分類されるが、この作品はコメディ寄りの方。
最初に立てられた計画がどんどん奇妙な方向にねじれ曲がっていくという彼らの作品の特徴は今回も健在だ。
具体的には最初に脅しの電話を入れるシーンと、銃でズドン!のシーンがスイッチとなっている。
笑いに関してもシナリオの妙にしても文句なく合格点だったんだけど、なんだろう何か物足りない気持ちは。
これをシリアス・サスペンス路線で撮ってみたらどうなっていただろうという思いがチラチラ頭によぎりながら観ていたのがよくなかったのかもしれない。
ただ、この作品が『ノー・カントリー』のあとに作られたと思うとその彼らの懐の深さというか潔さを感じて、映画製作への誠実な姿勢に好感が持てた。

この記事へのコメント